荻原 重秀

 荻原重秀に関する情報を掲載しています。


概要

 江戸元禄時代の旗本です。
 徳川綱吉などに仕え、勘定奉行として、貨幣改鋳などの経済対策を行いました。
 一般には、新井白石による批判から悪政を行ったとされますが、近年は、新しい経済政策を実施した人物として、再評価もなされています。

名 前 荻原重秀
読み方 おぎわら しげひで
別 名 彦次郎(通称)(重秀は諱)
生没年 1658年(万治元年)~1713年9月26日(1713年11月13日)
出身地 江戸(現:東京都)

年表

 荻原重秀に関する年表・年譜です。

西暦(年号) 年齢 出来事
1658年
(万治元年)
1歳 この年、荻原種重と横松氏の女(むすめ)の次男として、江戸で誕生
荻原家の祖は、武田信玄の遺臣・荻原昌重で、父・種重は勘定奉行の役人をしていた(母の横松氏の女については不明)
1674年
(延宝2年)
17歳 10月26日 幕府勘定書の勘定に召し出される(幕府勘定書は、32人の若者を勘定として召し出したが、彦次郎はその一人)(業務としては、検地業務とされる)
1679年
(延宝7年)
22歳 12月3日 延宝検地に携わり、褒賞を受ける(延宝検地に携わった組頭・勘定の10人が褒賞を受ける)
1680年
(延宝8年)
23歳 5月8日 4代将軍・徳川家綱が死去(その後、徳川綱吉が5代将軍となる)

8月16日 徳川綱吉が代官摘発を命じる
農民が困窮しているのは代官によるものだとして、大老・堀田正俊や勘定頭に代官摘発を命じる(彦次郎も代官摘発に当たったとされる)

1681年
(天和元年)
24歳 12月 沼田城収公のため、沼田に派遣(代官摘発とは別に、沼田城収公のための派遣団の一員として、沼田に派遣(~翌年2月15日))
1683年
(天和3年)
26歳 この年、組頭に抜擢(当時、30歳ぐらいで組頭になるが、彦次郎は26歳で組頭となる)
1687年
(貞享4年)
30歳 6月21日 代官摘発への専念を命じられる(通常の組頭の業務が免じられ、代官摘発に専念するように命じられる)
9月10日 勘定頭の補佐役として、1682年(天和2年)に新設された勘定吟味役(設立当時は、勘定差添役)に抜擢
1690年
(元禄3年)
33歳 10月 佐渡金山の生産量が落ちる中佐渡奉行の兼帯を命じられる
1691年
(元禄4年)
34歳 4月14日 佐渡の奉行所に入り、排水溝の整備や検地の実施などを実施し、佐渡の金山経営の立て直しを図る(2か月半ほどの滞在)

この年、江戸に戻った彦次郎は、本郷・霊雲寺脇に小判製造のための大規模な吹き所を建設

1695年
(元禄8年)
38歳 8月7日 貨幣改鋳を実施(金の含有量を減らし、銀の含有量を増やすことで、改鋳を実施し、慶長小判の代わりに「元禄小判」を発行。ただし、すぐには旧貨との交換が進まず、この後、旧貨との交換命令などが出される)

12月 貨幣改鋳の功績が認められ、千石加増され、1750石取りとなる

1696年
(元禄9年)
39歳 この年、勘定所の最高位である勘定奉行に昇進(平勘定からの出世は、佐野六右衛門に次いで2人目)
合わせて、250石加増され、2000石取りとなる
1697年
(元禄10年)
40歳 この年、元禄二朱金を発行

8月 「元禄十年八月令」を出す(貿易による金銀流出が続く中、長崎貿易の直轄化を行う(12月に「長崎会所」が設立))

1698年
(元禄11年)
41歳 12月21日 貨幣改鋳の最終的な褒賞が行われ、500石加増され、2500石取りとなる
1699年
(元禄12年)
42歳 この年、寛永通宝(荻原銭)を発行

1月28日 重秀と林藤五郎に対し、正式に長崎巡見の命令が下される

3月4日に江戸を出発し、4月11日に長崎に到着
輸出銅の調達と長崎貿易の利潤・会所運営の費用算出を行い、4月25日に長崎出発、5月28日に江戸城で帰国挨拶を行う

6月15日 長崎貿易に関し命令を出す(この命令で、必要経費以外は幕府に収公されることが命じられる)

9月28日 戦国時代に東大寺の大仏殿は焼き払われていた大仏殿の再建に当たり、天領に賦課金を指示(東大寺の学僧・公慶が大仏と大仏殿の再興を行おうとし、大仏の開眼はできたが、大仏殿の再建はできていなかったので、重秀は大仏殿再建の計画縮小を公慶に提案、同時にその費用の半分を天領の賦課金で賄うことを行う(1708年(宝永5年)に大仏殿は完成))

1701年
(元禄14年)
44歳 この年、大坂に銅座が設けられる(これにより、全国の銅はいったん大坂の銅座に集められ、輸出用の竿銅が生産され、長崎に廻送。銅が重要な輸出品となる((ただし、金銀の代替物とはならなかった))
1703年
(元禄16年)
46歳 11月23日 元禄大地震発生(江戸城郭への亀裂、小田原城の大破など、被害が大きく、重秀は修復を命じられる)
1705年
(宝永2年)
48歳 12月11日 元禄大地震に対する復旧工事などの功績で、700石加増され、3200石となる
1706年
(宝永3年)
49歳 この年、宝永二ツ銀を発行
1707年
(宝永4年)
50歳 10月4日 宝永大地震発生
11月23日 富士山大爆発
1708年
(宝永5年)
51歳 この年、宝永通宝(銅銭)を発行

閏1月 天領・大名領に賦課金の割り当てを行う(重なる災害に対し、重秀は石高に応じ賦課金を割り当てる。この他、復旧のため、酒造業者・金箔製造業者に運上金を課すなど、増税を行う)

1709年
(宝永6年)
52歳 1月10日 将軍・徳川綱吉が死去(その後、徳川家宣が6代将軍となる)
1710年
(宝永7年)
53歳 この年、宝永小判を発行

3月 宝永永字銀を発行
江戸城の修築、東叡山綱吉廟建設、浄光院(綱吉正室)葬儀などの費用が発生し、その経費を賄うため、相次いで改鋳を行う。

4月 三ツ宝銀を発行

1711年
(正徳元年)
54歳 8月 四ツ宝銀を発行
1712年
(正徳2年)
55歳 9月11日 勘定奉行を解任(9月10日に新井白石により出された3度目の弾劾書で、重秀は勘定奉行を解任)
1713年
(正徳3年)
56歳 9月26日 荻原重秀死去(死因については不明(病死、獄死、自殺など諸説あり))

ゆかり

 荻原重秀に関係するゆかりの場所や関係する施設などを掲載しています。

名称 概要 住所 地図
icon-tomb 荻原重秀の墓 長明寺にある墓 東京都台東区谷中5-10-10 icon-position

(※)地図欄にあるアイコンをクリックすると、Googleマップにリンクします。

文献

 荻原重秀に関する文献です。

icon-book村井淳志『勘定奉行 荻原重秀の生涯 ―新井白石が嫉妬した天才経済官僚

小説

 荻原重秀を扱った小説です。

icon-book高任和夫『貨幣の鬼 勘定奉行 荻原重秀


icon-memo他の人物については「人物一覧」を参照してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました